読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

スマホは手足の一部である

スマホに関するお得な情報を書いていきたいと思います。

mineoに問い合わせたい事

一連のやり取りの中で、はっきりしないことだらけなので記しておく。

 

まず、事の発端はキャンペーン適用について。

5月末にeo光料金滞納が原因で、申し込みができなかった。

この事実から、mineoの申し込みとeoIDは紐づいていると確定できる。

にもかかわらず、eoユーザー限定キャンペーンは適用されていなかった事はおかしい。

 

第2に、本当に解約後のMNP番号は使えなくなるのかという事。

一度目に話した担当者はできると答えた。志〇。6月27日

6月30日の帰り道、女性の担当者は事情を説明した上で、申し込み窓口から連絡を入れる様手配した。

7月1日、アンテナショップで順番待ちをパスしてくれた年配の男性スタッフは事情を説明したら、キャンセルできればそのまま新規契約できると言った。

その後、電話申し込みをキャンセルする際に対応した男性担当者は、今から店頭にて新たに申し込む旨を伝えたうえで、キャンセル処理を行った。

この一連の対応から言えるのは、「解約、キャンセルに伴い、MNP番号は有効期限内でそのまま使える」という結論である。

 

一方、7月1日のアンテナショップの上席対応、その後、電話で応対した女性担当者、7月5日に横柄な対応をした〇村は、解約してしまうと使えなくなるの一点張りであった。

最後に対応した〇村は、ログを確認する必要はないし、その義務もないと言い張り、終話したいのか?と尋ねると無言になってしまうようならちの開かないオペレーターであった。

 

解約とキャンセルに違いはあるのか。

真実はどうなのか。

もし〇村らの言うことが真実ならば、6月30日時点での申し込みはそもそも不可能であったのか。

だとしたら誤案内は4人にまで膨れ上がる。

早急に対処すべき問題である。

 

第3、今回乗り換えタイミング喪失による補償、店舗へ2度に渡って出向くことになった諸経費は、mineo側で負担することができないと説明されたが、どのような検討をしたのか。今回大変な労力を割いているので、とりあえず断っとけという事なかれ主義に流れることだけは避けたい。補償はしないという決定はどこがしたのか。エスカレはしたのか。していないなら強く要望する。

本社への取次、消費者生活センターも視野に入れている。

 

また、2枚目のエントリーコードに関しては話題に上ってすらいない。

この点に関して、もし誤案内があったとするならば、明らかにmineo側のミスで2枚目を購入する運びとなったため、確実に補てんしていただきたい。

もちろん使用することは約束するし、使用後の補てんで結構。