読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

スマホは手足の一部である

スマホに関するお得な情報を書いていきたいと思います。

mineoのクレーマーに成り下がった話④

6月27日、二人目の担当者とのやり取りを終えて、私はすぐさま行動に移った。

アマゾンにて、mineoのエントリーコードを購入したのだ。

担当者から一度解約をして、再度申し込みが必要云々・・・の話が出た時にはすでに、アマゾンでまた買おうと考えていた。

というのも、以前は1500円ほどで売られていたエントリーコードが、なぜか今は500円ほどで売られているのを知っていたからだ。

まあしょうがないなという気持ちになった。

私はプライム会員でないので、お急ぎ便は利用できない。

これまでの経験上、在庫があれば2,3日で配達される。

運が悪いと、6月中の店頭での即日切り替えには間に合わないが、500円なので試してみる価値はあると踏んでいた。

そして到着は予想を超えて、翌日の6月28日に配達された。

 

準備は整った。

あとは解約をして店頭に向かうだけである。

 

解約の電話は29日にしたと思う。

そしてグランフロント大阪にある唯一の窓口の位置を確認。

混み合うことが予想されるので、30日は早い時間に出向こうと考えた。

 

この時点で、金額面での損失をまとめておきたい。

まず、5月末にMNPしようと思ってeoの料金滞納のために契約ができなかった。

仮にmineoに移ることができていた場合、月々の料金は800円である。

現在auには機種代金の残債が4000円と、使用料5000円を毎月支払っている。

6月丸ごとmineoにできていたら4800円で済んでいたので、乗り換えタイミングによる損失は4200円である。

また、キャンペーン適用による新たなエントリーコード取得に500円をアマゾンに支払った。

この時点での想定外のコストは4700円かかっていることになる。

もう失敗はできない。